「長寿」と「ダイエット」の考察

敬老の日を控える9月になって
長寿に関する健康情報も
よく見聞きするようになりました。

  ・栄養バランスのよい食事  
  ・適度な運動
  ・周囲とのコミュニケーション・趣味の充実
  

栄養バランスのよい食事を摂って適度な運動で
生活習慣病を防ぎ
運動、コニュニケーションの充実で痴呆症を防ぐ
だいたいこの三要素が長寿には欠かせないようです。

食事に関して、特に最近は「肉食のススメ」が
よく指摘されています。
テレビの健康番組でも度々出てきます。

300c955538772721694df616caaebaa5_s.jpg

良質のタンパク質を多く摂取し適度な運動をすることで
筋肉、血管、免疫細胞の機能改善、
そして老化防止につながるというものです。


そういえば「肉食のススメ」は近年のダイエットの主流にもなっています
カロリーを消費する筋肉をたくさん付けて脂肪を燃やそう!!
ということです。



健康の話題は色々ありますが
この「長寿」と「ダイエット」は特に人々の関心が高く
その時々に流行があることが面白いです。
老化と肥満のメカニズムには複数の要因があり
「これさえやればだいじょうぶ!!」
という決定打となる方法が存在しないためなのでしょう。
人それぞれに効果が異なるということもあるでしょうし、
いろいろなアプローチは今後も出てくるでしょうね。


老化防止に関しては、万人の健康に直結するので
「やり過ぎ」ということはないと思います。
神経質にならない程度に
こうしたテレビ等からの情報は
とりあえずやってみるってのもアリかもしれません。


しかし「ダイエット」に関して・・・・
たとえば明らかに肥満体の人は
医療機関と連携のうえでのカロリー制限などの局所対処が必要でしょう。
しかしそうでない場合、
人それぞれの健康体型というのもあるでしょうから
「やり過ぎ」には注意が必要です。

とくにカロリー制限に頼るダイエットのやり過ぎは
筋肉減少からくるリバウンドの他に
骨粗しょう症や貧血症などのトラブルも招きやすいという報告もあるので
やめたほうがいいとおもいます。


やり過ぎなダイエットはもう時代遅れになるのかもしれません。
ファッション企業の高級ブランドの
痩せすぎのモデルは使わないという方針は英断だと思います。


ちなみに肥満対策としてわたしは
「スマホダイエット」というのをやってます。
ネットの掲示板を見ながら食事するというものです
わたしの場合そのことによって自然と咀嚼回数が増えて
満腹感がでるみたいです。
食事の時間も長くなりました。
理由は不明ですがテレビや雑誌見るよりも効果ありましたw
エチケット的には最悪ですが(汗)

日常science系