傷をつけない洗車方法



濃い色のクルマはカッコいいけれど・・・


クルマを購入する際、特に新車の場合
車種を選定したあと悩むのはクルマの”色”です

71ba19722b2e67bd90eb20d1c24849c1_s.jpg

クルマには人気の色があって
”白””黒””シルバー”の三色は鉄板の色です。



わたしは黒以外にも青や赤といった色の濃いクルマはとてもカッコいいと思うのです。
ただ白やシルバーのクルマと比べて
塗装の汚れや傷が目立つというのが難点です。

その意味で濃い色のクルマを選ばれている人は
ネガティブ要素を物ともしない”勇者”といってもいいかもしれません。
(わたしもその1人ですw)



いえ、白色やシルバー色も「その色が好きだから」という理由ならぜんぜんOKなのですよ。
ただ、一方でそのメンテナンスの大変さから消去法で白やシルバーを選ばれている人も
少なからずいるのではないでしょうか。



濃い色の塗装のメンテナンスが少しでも軽減できれば
クルマの色の選択肢が増えて、路上の風景もカラフルになるのに、と思います。




洗車傷はなんとかしたい



近年はボディへのコーティング技術も進化しているのですが
無傷でいられる、というわけにはいきません。



走行中や外出時の駐車時に、物体がぶつかってできる不可抗力的な傷は
クルマの宿命みたいなもので避けようがありませんし、諦めもつきます。
が、
細かい蜘蛛の糸のような傷がびっしりとつく
もしくは塗装の表面が曇ったような感じになってしまう
洗車傷は以前からなんとかしたいと思っていました。



”洗車傷”とは
以下の画像のようなキズです(某駐車場にて)

PB030131.jpg
PB030133.jpg

光線の当たり具合によっては細かいキズが無数に見えてます。
ガソリンスタンドで洗車したり、
車検に出したついでにディーラーや町工場で勝手に洗車されたりすると
このような傷が付く場合が多いです。
個人で洗車する場合でもこれほどではないでしょうが
無造作に洗車してるとこうなります。





洗車で傷がつく理由



個人で行う洗車の一般的なパターンは以下のような流れです。


   水道水をかけてクルマの塗装に着いた泥や砂を十分に落とす
              ↓
    シャンプーとスポンジで落としきれない汚れを落とす
              ↓
           泡を水で洗い流す
    ①↓               ②↓
付着した水滴を             コーティングやワックスをスポンジや
マイクロファイバー等で拭き上げる    マイクロファイバーで塗る
     ↓                ↓
コーティング剤やワックスを       マイクロファイバー等で拭き上げる
スポンジやマイクロファイバーで塗る     
     ↓   
マイクロファイバー等で拭き上げる



クルマをスポンジや布等で”拭く”という行為がたくさん出てきます。
クルマを拭かないのはホース等で水道水を吹き付けて汚れを落とすところだけ。
①のパターンでは4回、②のパターンでも3回もクルマを拭かなければなりません。



このクルマを”拭く”という行為が洗車キズをつける原因です。
塗装面に付着した落としきれない泥や砂をクロスが噛んで
サンドペーパーのようになってしまい塗装面を傷つけてしまう、
またクロス自体もキズをつけている可能性が高いです。



水道水の水滴には要注意!!


「コーティング剤やワックスは毎回塗らないよ」という人でも
上の図のラインを引いたスキームはトレースしているはずです。
最後にボディに残った水滴は拭き上げなければならないからです。



それは水道水の水滴をボディに残したままにしておくと
1.その水滴にゴミが付着してまた汚れる
2.水滴が蒸発すると水道水に含まれるミネラル分が塗装に蒸着して
  無数の跡が残る。

からです。

特に2.のボディ上の水滴の跡は非常に厄介です。簡単には落とせません。
ウロコ状になっている場合もあります。
ネットでみるとコンパウンドで磨いたりするとイイらしいのです。
でもさらに塗装を傷つける場合がありそうです。素人には難しいです。






塗装の汚れをケアするための行為が逆に塗装に傷をつけてしまう
この矛盾を少しでも解消したい
ということでわたしの考案した洗車法を提示させていただきます。

それが”雨の日洗車法”です





【雨の日洗車法】





用意するもの



PB030147.jpg


用意するのはバケツ、スポンジ、食器用洗剤、
画像にはありませんがボタンのついてない全身雨具(カッパ等)です。
(向かって右の2つは後ほど)



スポンジ


できるだけ柔らかい物を選ぶ必要があります。
よく黄色いスポンジが売ってますが、あれは硬いのでダメです。
シュアラスター社製の”黒いスポンジ”が
ボディに対して最も”優しい”スポンジのようです。
ただ高価です。一個1000円ぐらいしたと思います。
しかしサードパーティーから類似品が一個198円で売ってましたので
わたしはそれを使用しています。
フカフカ、ヤワヤワです。
カー用品量販店でシュアラスターのスポンジの近くにこっそり
おいてありました。



食器用洗剤


洗車界(?)において、食器用洗剤を用いる人は多いようです。
その洗剤でも”ジョイ”がよく使われています。
たしかによく落ちるのですが、(弱)アルカリ性というのが気になります。
わたしは中性洗剤の”マジカ”を使っています。



そして後は”雨の日”を待つだけです。





雨の日洗車方法



実践画像です
わたしの汚れたクルマです
ホコリが積もったあとに雨が降ったりするとこうなります。


P2080201.jpg
P2080202-r.jpg

では雨の日に洗車します。

1.雨が降り出して数時間たった後、カッパを着て外に出る
  そしてクルマにホースで水を掛けて汚れを落とす
2.バケツに水と洗剤を入れ泡だてる
3.スポンジを使ってクルマ全体をよく洗う

P2090204-g2-r.jpg

4.水を掛けて洗剤をよく洗い流す
5.ボディに残った水道水を雨水に置換させる

これで終わりです。
下の画像は次の日の朝の状態です。
P2100205-G.jpg
P2100207.jpg

多少水滴は残っていますが、あの汚れがほぼキレイになっています。
洗車後数時間、雨は降り続いたのです。
けれども肉眼で確認できる雨からの汚れはほぼついていないようです。

つまり雨水にはミネラル成分が溶け込んでいないので
降雨後の水滴に風で飛んできた砂埃さえつかなければほぼキレイに蒸発してくれるのです。
(コーティング剤の強力な疎水力で雨水が流れ落ちている、ということもあります)


水道水を雨水が十分に流してくれればクロスで拭き上げる必要がない。
よって上のスキームの青文字の作業で終了となります。


これが雨の日洗車の最重要点です。
たとえこの残った水滴にホコリがついてそのまま乾燥したとしても
汚れは最小限ですみます。

つまり雨の日洗車は完全にキレイにすることを目的としません。

洗車前の画像のような汚れで走るのはあまりにも気が引ける
でも洗車してキズをつけたくない、
洗車後に多少は汚れが残ってもいいので手軽に洗車を済ませたい


という人向けの超お手軽洗車方法なのです。






【留意点】



・拭き上げに使うマイクロファイバーやユニセームは
 常にキレイにしておく。



・降雪ではやったことがないのでわかりません。



雨の日洗車後、土砂降りの雨なら30分、普通の雨なら1~2時間の降雨で
 雨水に置換されます。

 はじめのうちは雨水洗浄時間は余裕を見たほうがいいでしょう。
 雲行きがすぐ晴れそうな場合、霧雨の場合は止めてください。



・雨の振り出し後は空気中の汚れを含んでいるので
 数時間振ってから洗車します。



・洗車中に雨が上がった場合は仕方がないので通常の洗車方法にする。
 拭き上げにはユニセームを使う。(画像参照:右から二番目)
 ユニセームはマイクロファイバーよりもクルマに優しいです。



・クルマには予めコーティング剤は塗っておく
 わたしは今はCCウォーター+を使用しています。(画像参照:一番右)



・コーティング剤の耐久性によっては、
 または水垢等の汚れが溜まってきた場合は
 数ヶ月一回の割合で通常の洗車をする必要があります。



・マジカは泡切れがいいので雨の日洗車でも有効ですw



・ボタンがない、もしくはむき出しになっていない雨合羽を用意する理由は
 そのボタンがクルマに当って傷がつかないようにするためです。



・3月~4月は花粉や黄砂が大量に空気中に飛んでいます
 よって雨の日洗車をしても水滴にすぐ花粉や黄砂が付着するので
 乾燥しても結構汚れがついた状態になります。
 この時期の雨の日洗車は目を見張る効果はありません。




【まとめ】



わたしのように青空駐車しているクルマをキレイに保つのは
並大抵ではありません。
まとめは
「やっぱりガレージとかイイなぁ。次のクルマにはせめて屋根付きポートとか欲しいなぁ」
という心の叫びで結ばせてください(笑)



なお、
洗車に関してはあくまでも自己責任でおねがいします。
さらに、雨の日に洗車している姿は
普通の人から見るとやっぱり”変な人”に視られる可能性大です。
気をつけてください。(汗)




日常science系